痛くない脱毛って効果あるの?(SHR脱毛などの効果について)

痛くない脱毛 効果

 

痛くない脱毛方法といえば、最近ではストラッシュやラココで導入されているSHR脱毛や、ディオーネなどで導入されているハイパースキン脱毛などがあります。

 

ただ、これまでの常識的に考えて、「脱毛=痛い」というイメージがありますよね。

 

なので、そのイメージで考えると、「痛くない脱毛=効果がない」と思う人もいると思いますので、それについて解説したいと思います。

 

【痛くない脱毛の効果】従来のSSC脱毛・ILP脱毛について

痛くない脱毛といっても、完全無痛のものから、痛みが少ないものまで、脱毛サロンによって様々です。

 

なので、まずは最初に従来の脱毛方法の「SSC脱毛」や「ILP脱毛」について解説したいと思います。

 

今、多くの脱毛サロンで使われている方法ですが、この従来の脱毛方法は、簡単に言えば「医療クリニックの脱毛レーザーを弱くしたもの」というイメージです。

 

なので、医療クリニックの脱毛レーザーよりも痛くないのですが、その分、効果も弱いです。

 

そのため、医療脱毛よりも施術の回数を増やして、脱毛効果をカバーする形になります。

 

このSSC脱毛やILP脱毛よりも弱くなってしまうと、ちょっと脱毛効果としては「弱すぎ」ですね。

 

脱毛効果と痛みとのバランスを見て、ギリギリまで調整したのが、この従来の脱毛サロンで使われているSSC脱毛とILP脱毛なんです。

 

【痛くない脱毛の効果】完全無痛のSHR脱毛について

次に、最近導入しているサロンが増えてきている「SHR脱毛」について解説します。

 

このSHR脱毛は、完全無痛で脱毛できる施術方法なんですね。

 

しかも、完全無痛というだけではなく、肌へのダメージも無いので、敏感肌の方とかでも肌荒れや火傷などを気にせず脱毛できます。

 

ただ、気になるのが効果についてですよね。

 

先ほどのSSC脱毛やILP脱毛と同じ考え方でいくと、痛くないということは「脱毛効果が相当低い」ということになってしまいます。

 

ですが、実はこのSHR脱毛は、普通に脱毛効果はしっかりとでます。

 

その理由は、そもそもSSC脱毛やILP脱毛とは、まったく違った脱毛方法だからです。

 

従来の脱毛方法は、ムダ毛の黒い色に反応して、ムダ毛を高温の光で焼いて破壊するような仕組みでした。

 

でも、SHR脱毛の場合は、まだ生えてきていない「毛の種」にアプローチして、その「毛の種」が生えてこないようにするという仕組みなんですね。

 

なので、高温も必要なく、痛みもまったくないのにもかかわらず、脱毛効果だけはしっかりと出ます。

 

【痛くない脱毛の効果】完全無痛のハイパースキン脱毛について

ハイパースキン脱毛も完全無痛の脱毛方法で、ディオーネなどで採用されています。

 

このハイパースキン脱毛も、先ほど解説したSHR脱毛にかなり近い仕組みで、毛の種にアプローチします。

 

なので、痛みも無いのに、脱毛効果だけはしっかりと出るんですね。

 

ただ、SHR脱毛との違いとして、このハイパースキン脱毛はSHR脱毛よりも更にパワーが弱いです。

 

そうなると、SHR脱毛よりも脱毛卒業までに時間がかかってしまうんですね。

 

SHR脱毛であれば最短6ヶ月での脱毛卒業も可能なのですが、ハイパースキン脱毛の場合は6ヶ月で完了することは難しいです。

 

そのかわりに、ハイパースキン脱毛だと例えば、子供でも3歳から脱毛できるくらい安全ですし、アトピー肌の方とかでも脱毛できます。

 

【痛くない脱毛の効果】肌荒れや火傷の心配もない

SHR脱毛やハイパースキン脱毛などの完全無痛の脱毛方法の場合は、脱毛の時に照射する光は高温ではないため、肌荒れや火傷の心配がありません。

 

特に、顔やVIOなどのデリケートな部位を脱毛する際には、肌荒れや火傷などを心配する人も多いですが、完全無痛の脱毛方法なら大丈夫です。

 

【痛くない脱毛の効果】まとめ

ここまで、痛くない脱毛方法の効果について解説してきましたが、簡単にまとめると、
「SHR脱毛やハイパースキン脱毛などの完全無痛の方法なら、しっかりと脱毛効果が出る」
ということです。

 

この2つの方法のうち、ハイパースキン脱毛だとパワーが弱くて脱毛完了まで時間がかかるので、おすすめはSHR脱毛です。